Getting Started with the ironSource Android SDK (Japanese)

ステップ1. ironSource SDKをプロジェクトに追加

ironSourceは、Gradleの依存管理機能および手動ダウンロードメカニズムを利用したSDKの導入に対応しています。

Gradleの場合:

  1. 以下の記述を、アプリのbuild.gradleファイルのrepositoriesセクション内に追加します。
    repositories {
        maven {
            url "https://dl.bintray.com/ironsource-mobile/android-sdk"
       }
    }
  2. 次に、dependenciesセクションに以下の記述を追加します。

    dependencies {
        compile 'com.ironsource.sdk:mediationsdk:6.6.4@jar'
    }

手動ダウンロードの場合:

  1. こちらからSDKをダウンロードし、解凍して、mediationsdk_xxx.jarをプロジェクトのlibsフォルダにドロップします。
    android-drag-jar-with-compile
  2. 以下の記述を、build.gradleファイルのdependenciesセクション  内に追加します。

    compile files('libs/mediationsdk-x.x.x.jar')

ステップ2. AndroidManifest.xmlの更新

AndroidManifest.xmlを更新するには、以下の手順を完了してください。

以下のコードをAndroidManifest.xmlに追加します。  Manifestパーミッション 以下のパーミッションを、 AndroidManifest.xmlファイルのmanifestタグの内側、<application>タグの外側に追加します

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />

 Manifest Activities 以下のアクティビティを、AndroidManifest<application>タグの内側に追加します。

<activity
            android:name="com.ironsource.sdk.controller.ControllerActivity"
            android:configChanges="orientation|screenSize"
            android:hardwareAccelerated="true" />
<activity
            android:name="com.ironsource.sdk.controller.InterstitialActivity"
            android:configChanges="orientation|screenSize"
            android:hardwareAccelerated="true"
            android:theme="@android:style/Theme.Translucent" />
<activity
            android:name="com.ironsource.sdk.controller.OpenUrlActivity"
            android:configChanges="orientation|screenSize"
            android:hardwareAccelerated="true"
            android:theme="@android:style/Theme.Translucent" />

Google Playサービスの実装

Amazonデバイスは、Google Playサービスを使用しません。Amazonプラットフォーム用にビルドを行う場合、下記の手順は無視してください。

  • Android ManifestにGoogle Playサービスを組み込み 次のタグを、AndroidManifestの<application>タグの内側に追加します。
    <meta-data android:name="com.google.android.gms.version"
    android:value="@integer/google_play_services_version" />
  • ironSource SDKが正常に動作するためには、Google広告IDが必要です。Google Playサービスを実装する方法については、こちらのガイドをご覧ください。
     注意: 最新のGoogle Playサービスを使用していることを確認してください。以前のバージョンは、Lollipop (API 21)を使用しているデバイス上で動作しない可能性があります。

 

ステップ3. アクティビティライフサイクルメソッドのオーバーライド

アプリケーションのライフサイクル 対応するironSourceメソッドを呼び出すために、各アクティビティのonPause()およびonResume()メソッドをオーバーライドします。

protected void onResume() {
        super.onResume();
        IronSource.onResume(this);
    }
   protected void onPause() {
        super.onPause();
        IronSource.onPause(this);
    }

ステップ4. リスナーの設定

ironSource SDKは、広告ユニットのアクティビティに関する通知を行うため、いくつかのイベントを発生させます。これらのイベントを受け取るには、ironSourceプラットフォームで設定した広告ユニットのデリゲートに登録してください。

  • リワードビデオ広告

    IronSource.setRewardedVideoListener(mRewardedVideoListener);
  • インタースティシャル広告

    IronSource.setInterstitialListener(mInterstitialListener);
  • オファーウォール型広告

    IronSource.setOfferwallListener(mOfferwallListener);

 

ステップ5. SDKの初期化

SDKは2つの方法で初期化できます。指定した特定の広告ユニットを取得できる一番目の方法を推奨しています。 この方法では、adUnitsパラメータで指定する特定の広告ユニットが初期化されます。

/**
*広告ユニットは、IronSource.Ad_Unit.AdUnitNameの形式である必要があります。例:
*/
IronSource.init(this, appKey, IronSource.AD_UNIT.OFFERWALL, IronSource.AD_UNIT.INTERSTITIAL, IronSource.AD_UNIT.REWARDED_VIDEO, IronSource.AD_UNIT.BANNER);

下記のように初期化をすることによって、それぞれの広告ユニットを適切なタイミングで初期化することができます。

//リワードビデオ広告
IronSource.init(this, appKey, IronSource.AD_UNIT.REWARDED_VIDEO);
//インタースティシャル広告
IronSource.init(this, appKey, IronSource.AD_UNIT.INTERSTITIAL); 
//オファーウォール型広告
IronSource.init(this, appKey, IronSource.AD_UNIT.OFFERWALL) 
//バナー広告
IronSource.init(this, appKey,IronSource.AD_UNIT.BANNER);

あるいは、以下に詳述する方法でSDKを初期化することもできます。この場合、SDKはironSourceプラットフォームで設定した広告ユニットを初期化します。

IronSource.init(this, appKey);

 ProGuardユーザーのみ ProGuardをironSource SDKと併用している場合、以下のコードをProGuardファイルに追加する必要があります (Android Studioの場合はproguard-rules.pro、Eclipseの場合はproguard-project.txt)。

-keepclassmembers class com.ironsource.sdk.controller.IronSourceWebView$JSInterface {
    public *;
}
-keepclassmembers class * implements android.os.Parcelable {
    public static final android.os.Parcelable$Creator *;
}
-keep public class com.google.android.gms.ads.** {
   public *;
}
-keep class com.ironsource.adapters.** { *;
}

ステップ6. 実装の確認

ironSource SDKでは、リワードビデオ広告メディエーションの導入が正常に完了したかどうかを簡単に確認することができます。 ironSource SDKの導入および追加のアドネットワークの実装状況を確認するには、次のメソッドをプロジェクトに追加してください。

IntegrationHelper.validateIntegration(activity);

 

ironSource実装確認ツールに関する詳細については、こちらの記事を参照してください。   完了です!以上で、ironSource SDKがアプリに導入されました。